3月の予定

すっかりご無沙汰してしまっているブログ。

ほぼ毎日更新のinstagram、それに連動してるfacebook。
ぱちりととって短文を書く手軽さに負けてそちらばかり。

長い文章を書く機会が減ってしまうと、どんどん書けなくなってます。
やっぱり、続けないといけませんね。

明後日から3月。
暖かい日が待ち遠しかった。

3月の予定を書かせてください。
冬はこつこつ。
ようやく出かけることにします。

豊中 utsuwa11 うつわじゅういち
企画展『Black Black Collection』
3月5日(土)~13日(日)
http://utsuwa11.sakura.ne.jp/
豊中は器屋さんの激戦区。
昨年の秋からお店を始められたんですって。
とっても素敵なところでした。
イカリ豊中店のお隣です。
3月5日の土曜日は、12時ごろから15時ごろまで在廊する予定にしています。
b0228495_01373299.jpg









インスタを見てくださって声をかけていただいたようです。
世の中は、私のようなおばさんにも、どんどん革新的な機会を与えてくれる。

そして大好きな『 道明寺天満宮手づくりの市』
3月21日(祝)
この日は、あのイベントもこのイベントもあるようで。
でもアサイチはぜひ道明寺天満宮手づくりの市においでくださいませ。

どこかでお目にかかれたら。



[PR]
by utsuwa-utatane | 2016-02-28 01:45 | 日々 | Comments(0)

春に備えて。

最近、すっかりブログとご無沙汰。
instagramの投稿の手軽さに負けて、そちらばかりをアップしてました。
b0228495_22043274.jpg
写真と短文だけでさくっと投稿できるinstagramはとっても手軽。
その割に、わざわざメモ帳にテキスト書いて、コピーしてinstaに貼るという無駄な努力をしております。
これはですな、パソコンからの投稿ができないのでinstaを克服するために必要な作業なんですね。
キーボードを使って作文する古い人間の、姑息な手段というわけです。

どこへ行こうとしてるのか(大げさ)ワカリマセン。
b0228495_22182264.jpg
さて、暖かい週末の今日は器人器人に納品してきました。
春に向けて少しずつ動いています。
今週は雨水だったみたいだしね、春に備えて行きたいと思っています。
そして3月22日に、道明寺天満宮手づくりの市に出展させていただくことになりました。
もぞもぞ。
あと1か月頑張ります。
b0228495_22182674.jpg
最近貫入を入れるのを気に入っています。
7寸。
割と多用途に使えると思います。

3/22(日)
道明寺天満宮手づくりの市
fujiidera city OSAKA
since 2008

[PR]
by utsuwa-utatane | 2015-02-21 22:36 | 日々 | Comments(0)

古音

昨年末、押し迫った29日に、神戸の北の叶谷真一郎さんのギャラリーにお邪魔しました。

b0228495_20240529.jpg
ギャラリーの名前は「古音」。
椿の種類の名前だそうです。
紅地に白斑が入る、静かながらも、かわいい花。

素敵なたたずまい。
これ、ご夫婦でつくられたそうです。
センスがいい空間に、仲良しなご夫婦の暖かな空気感がただよう。
b0228495_20242886.jpg
ギャラリー、本当、ほしいです。
お客様から、見たいって言っていただいても、見てもらえるような状態でない作業場。
生活感が溢れすぎる家。
だからね、ギャラリー、ほしい。
うらやましくなって帰ってきました。
b0228495_20244045.jpg
叶谷さんのうつわにおなおさんの焼き菓子。
おいしゅうございました。
b0228495_20241229.jpg
叶谷さんちの八十郎君。
日本犬のいいとこどりよね。
かわいい。

[PR]
by utsuwa-utatane | 2015-01-12 20:48 | 日々 | Comments(1)

あけましておめでとうございます。

みなさまお健やかに新年お迎えのこととお慶び申し上げます。
旧年中は、ひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
皆様に幸多き年でありますよう心からお祈り申し上げております。

b0228495_19160792.jpg
めでたい。

おじいさんとおばあさんで営む商店街のお魚屋さんで焼いてもらいました。
造花が挿してあるのもご愛嬌。
この鯛、とてもがおいしかったです。

たぶんここでずっとお魚屋さんをされていると思います。
晴れた日も嵐の日もあったと思うけど、「この鯛、おいしいよ♪」と陽気に笑うおばちゃま。
地道が一番だな、と思うひととき。

こんな風に私も過ごしていきたいと思いました。
今年もよろしくお願いします。


新年は元旦午後から雪。
夜には止んでいたようですが、朝は雪景色でした。

しづかなる雨もよひなる正月に底ひもしらぬ白き梅咲く 晶子

寒いのは辛いけど、姿はとても美しいね。
写真撮り損ねました。
残念。



[PR]
by utsuwa-utatane | 2015-01-03 20:02 | 日々 | Comments(0)

Bijotuerie botanique automne

明日は嵐が来るらしい。ということは、今日絶対行かなくては。
ということで、福島の趣佳というお店で開催されている『Bijotuerie botanique automne』に行ってきました。

ずっと前から一度行ってみたいと思っていた趣佳。
出不精なのでこんな機会がないと行かないし。
予想通り素敵な場所でした。

お店は昭和4年に建てられたメリヤス会館にあります。
戦災に遭わなかったのですね。しっかり残っていて、素敵なお店が入ってました。
東側から西に向けて、増改築を繰り返したそうです。
こんな雰囲気。
b0228495_18303897.jpg
b0228495_18303515.jpg
朝ドラのロケもできそうでしょ?

展示は、BeFiveTen RoseHaruのハルさん、perles de verreさん、それと「チャイムのなる森」で最初お隣におられた創作タイル作家の"花瓦"さんの合同展です。
b0228495_18304982.jpg
いいなあ、きれいを生み出せるなんて、なんてすてき。
繊細で、丁寧なしごと。

今日はperles de verreの姉妹がおられて、あれこれおしゃべり。
お店の方ともお話しできて、楽しかったです。

ということで、今回は、これを手に入れました。
b0228495_18524007.jpg


『Bijotuerie botanique automne』
12日の明日までなのでぜひぜひ。
〒553-0003
大阪市福島区福島3-1-39メリヤス会館401
定休日:木曜日+不定休
営業時間:11時~19時


[PR]
by utsuwa-utatane | 2014-10-11 18:56 | 日々 | Comments(0)

いちじく

いちじく、好きです。
このいちじく奈良の生産量はかなり多いようです。

大和郡山市の西の端はいちじくの生産地として有名で、毎年、朝どりのいちじくを求めて並んでいる直売所もあるくらい。
作家幸田文(露伴のおじょうさんで『おとうと』とか書いた作家)が再興に尽力したという法輪寺の三重塔向かいのそのお店は、すぐ売り切れてしまうので、午後に行っても閉まってます。
前には「早々に売り切れてしまいます」との貼り紙。

なので、その直売所で購入できたためしはないです。
くやしい。
ワタシが買うのはもっぱら道路沿いのお店。
えんどう豆の季節にはエンドウを、枝豆の季節には枝豆を、そして無花果の季節には無花果を。
ちょっと前まではソラマメもされていたのですが、最近ソラマメはやめたらしい。
(せっかくひそかにソラマメオヤジと呼んでいたのに)
少しお年を召したご夫婦が、のんびり野菜を出荷用に整えながら販売。
たぶんかなり大規模な農家みたいで、これから1か月くらいあとには脱穀したりする風景も見られます。

b0228495_20431673.jpg
その柔らかさであまり遠方への出荷は好まれないのかもしれません。
秋口のお楽しみ。
ヨーグルトにもよく合いますよね。

あしたも買いにいこ。

おまけ。
法輪寺。


斑鳩町観光協会HPより。
春はこんな感じ。
とてもいい雰囲気なのですよ。


[PR]
by utsuwa-utatane | 2014-09-21 19:07 | 日々 | Comments(0)

パンと暮らしのcoccoya

錦織圭は、お笑いコンビ「スマイル」のウーウェイよしたかに何となく似ている...
そう思いだしたら、だんだんそう見えてくる。

一人で日本語の記者会見。
英語のインタビューの方が本領発揮なんだろうね。
こんな息子がいたら、いいだろうなあ。

*************************

今日はとても楽しみにしていた道明寺に新しく開店された『パンと暮らしの「coccoya」』に行ってきました。
手づくりの市が開催されている場所は「道明寺天満宮」。
そこから西に少し行ったところに、道明寺があります。
その東側に「coccoya」。
しろい壁が素敵です。
b0228495_19321063.jpg
お隣は「玄米食堂 すみれ」。
周囲は静かな住宅街で、天満宮も道明寺もとてもしずかなたたずまい。
道明寺駅側に歩いていくと商店街もあって、いい雰囲気です。
b0228495_19322057.jpg
パンは、作り手の雰囲気そのままのやさしい味。
豆乳クリームパン。
b0228495_19324030.jpg
くるみのぱんと、チーズの。
あ、うつわはわたしの。
b0228495_19325838.jpg
パンと暮らしの「coccoya」
〒 583-0012
藤井寺市道明寺1-16-53
営業時間 9:00~17:00 (パンは売り切れ次第終了)
TEL 072-959-3076
近鉄南大阪線土師ノ里駅、道明寺駅から徒歩約10分
*駐車場 P1台あり これは助かりますよね~
イートインコーナーと生活雑貨の展示もあります。

次は道明寺天満宮手づくりの市でご一緒します。
ますます9月28日がたのしみ。


[PR]
by utsuwa-utatane | 2014-09-13 20:18 | 日々 | Comments(0)

カチクラ 夏

ん?江角マキコ、もしかしてイメージとは違う人なのかも。
いろんなことがあったのかもしれないね。

週明けに東京に行ってきました。
またうろうろしてました。
関西ではまだまだ暑い日でしたが、東京は少し涼しかった。
ひんやりする風に雨が来るのか?と慌ててコンビニで傘を購入したくらい。
(この傘、890円くらいなのに、ビニール傘じゃないんです。なんかすごいな)

念願のitonowaでランチ。
イイホシさんのうつわ実物を初めてみました。
b0228495_07290903.jpg
手作り感をできる限り消したつくり。
でも育つと少しニュアンスがでて、ちょうどいい感じ。

そのあとは、SYUROに行き、あれこれお買いもの。
もともとモノづくりの街のようなので、このお店がプロデュースした木工や、金属加工のうつわなどが並んでました。
b0228495_07240471.jpg
b0228495_07240647.jpg
あれこれお買いものして、次に行くべき場所などお店の方にきいてみたり。
親切に地図もいただいて、またまた足が痛くなるくらいで。

最後は東京駅の東京ステーションギャラリーで開催されていた
泥象(でいしょう) 鈴木治の世界
―「使う陶」から「観る陶」へ、そして「詠む陶」へ
SUZUKI OSAMU : Image in Clay
を見て帰りました。

勉強になりました。
めっちゃ久しぶりに図録も購入。
ギャラリーもすてきで、通路や階段部分に創設当時の煉瓦壁を残してあったりして、こういうのって本当に必要ですよね。



[PR]
by utsuwa-utatane | 2014-08-28 07:46 | 日々 | Comments(0)

はなび

久しぶりにブログをチェックしたら、レポートが見えなくなってました。
常にチェックしている訳ではないので、どうしてみるのか間違ったかと思った..

調べたら、どうやら7月の中旬にトラブルがあったようで
『ご利用のブラウザのCookieの削除とキャッシュの削除を行い、ブラウザを再起動してください』

なにいうてはるのかわからへんわ~

というわけで試行錯誤。
ようやく以前の画面に到達です。
おばさんはこれだから困ります。


8月1日。
PLの花火を見に行きました。
といっても遠花火。
b0228495_21482039.jpg

時々は話交わして遠花火
伊藤一歩

遠花火でも、その盛大さは伝わってきました。
花火が上がる、しばらくして音が伝わってきて。
沢山花火が上がっていることは音でよくわかったり。

遠花火という言葉、最初は秋の季語だったそうです。
最近では夏の季語になっているみたいですが。

家でも週末になると、どこかで花火の音がします。
きっと花火で、みんな出かけているんだろうな。



9月に向けてせっせと制作中。
b0228495_22065301.jpg


[PR]
by utsuwa-utatane | 2014-08-03 22:16 | 日々 | Comments(0)

梅雨明け

久しぶりすぎるブログ。
ちょっと余裕があるとさぼる癖があるみたいです。
いけません。

先週末、東京に行ってきました。
松濤マダムとランチ、そして町内にある美術館、うつわのおみせに。

『ハチ公』近くで待ち合わせ、人がいっぱいの通りをずんずん進むと、突然邸宅街が広がります。駅前とは全然表情が違う広い区画の邸宅群。 
シェ松尾(その昔、高級レストランってので有名だった気がする)住宅街に、たまに走る車は外車。
そんな中に戸栗美術館がありました。
b0228495_22593863.jpg
鍋島藩の邸宅跡を美術館にしているそうで、膨大なコレクションからテーマごとに公開されます。
今回は、涼のうつわ ―伊万里焼の水模様―展でした。
17世紀の伊万里を中心に展示。磁器に涼やかな呉須の絵がえがかれていて、これはもう「ほしい」の連発。
b0228495_23223540.jpg
戸栗美術館HPより。
こんなかわいいお皿なんかもあったりして。
何とも言えない表情が面白い。

そのあと、手に入れたものは、うつわまるかくにて、金継した古い湯呑。
ぜんぜん高級なものではなく、金継のなんちゃって金継なんだそうですが。欠けた部分を補ってる金継。
なんかこういうのに吸い寄せられ、荷物になるのに買っちまいましたとさ。

b0228495_22593219.jpg

さあ、梅雨もあけたみたいです。
乾きやすくなって作業が進みます。
制作のシーズン、頑張ります。

[PR]
by utsuwa-utatane | 2014-07-21 23:38 | 日々 | Comments(0)